10<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>12
アパレルの世界で15年 Masaの酒・食・業・遊・友
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--  | comment:--
高校スポーツ 
2009/05/13 ( Wed ) 13:06:41
記事編集
毎度です。

今年もシーズンがやって来まして。

都大会を勝ち抜き
関東大会出場です。

母校の監督とヘッドコーチを
同級生がやっているのですが
素晴らしい結果だと
毎年
感心します。

我々が現役の頃が
初の関東大会出場準優勝。

当時の監督が
少人数(17人と記憶している)であった我々を
関東大会まで導いて下さった
『策を練る』
と言う姿勢が
彼らの基本でもあると思う。

そう言うスポーツでもあるのだが。

その後
彼らは大学・社会人と活躍し
日本一にも輝き
母校で指導に当たることになり。

関東大会常連校は
早慶日立法などの大学附属校がほとんど。

大学附属校でない母校では
環境としては恵まれてない部分もあると思う。


毎年のように
関東大会まで連れて行く
その指導力は
素晴らしいと思う。

大学と違い
高校生という2年強の間
毎年
タレントが入れ替わる中での
常勝。

与えられた状況で
最大限の結果を出す為の
最善の方法を模索して
実行して
結果を出す。

社会でも
通用する事ではないかと思う。

『景気が悪い』
『原宿に安い店が出来た』
と言う話は多いが
『こう言う策を練っている』
と言う話は
あまり
耳に入ってこない。

今こそ
現状を真正面から受け止めて
今の状況を
最大限に生かすべく策を練り
実践する事が
必要なのではないかと
考えさせられた。

cuc.jpg

これは
大学時代だが
この時なりに
策を練っていたように思う。
#26

選手としては身体が小さかったから
100kg近い相手の
足首に飛び込んで止めるとか
スピードで
交わすとか。

17日
母校が
決勝で勝てる事を祈ります。
スポンサーサイト

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


trackback:--  |  comment:0 
それぞれの秋 
2008/10/27 ( Mon ) 15:46:27
記事編集
毎度です。

お世話になっている縫製工場の社長の宮下さん。
昨年亡くなったお父さんから受け継いで
『宮下道場』なる柔道場をやっていて。

その道場を盛り上げようと
かつての教え子達が続々と集結。

宮下さんの紹介で知り合った呑み仲間
高岡兄弟も出場するとの事で観戦に。

会場は葛飾区の総合スポーツセンター。
(ちと、遠かった・・・。)

『一本っ!!』

画像 044

宮下さん、今回、初審判です。
手をブラブラさせてて先輩審判に叱られたそうです。
この方、柔道3段。

画像 170

高岡兄弟の兄としや(右)
学生時代から柔道をやっていて
宮下さんが道場主になってから本格復帰。
13年ぶりに試合出場。
心優しき3児のパパ。

画像 119

高岡兄弟の弟MASA(右)
高校時代はレスリング選手。
今は、実家の焼肉屋『吉兆』を手伝う
心優しき筋肉質。

吉兆

http://r.gnavi.co.jp/g411700/

家族も応援に来ていて
良い環境だなと。

毎週、月・木の夜
仕事が終わった後に大人が集まって
柔道の練習。
なかなか、出来ることじゃない。

さすがに、オレはやらないけど・・・。
『スポーツの秋』って感じの日曜日。

『素晴らしいよね~』
と言いながら帰り道
一緒に行ったTATSUOカップルと
新宿の思いで横丁(通称 しょんべん横丁)で
魚介類炙り焼きの店で
オレたちは
『食欲の秋』満喫。



・・・・・・・ま、いっか。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ


trackback:--  |  comment:0 
2008/10/24 ( Fri ) 21:11:25
記事編集
毎度です。

昨夜のNEWS ZEROの特集を見て
色々考えました。

少しでも多くの人が見る機会があるかなと思いアップします。

長いけど、時間が許す方は見てみて下さい。


犬の十戒


私の一生は10~15年くらいしかありません。

ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。

私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

私を信頼して下さい・・・・・・それだけで私は幸せです。

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。

でも・・・・・・私にはあなただけしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。

たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で
理解しています。

私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことが
できる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。

私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に、私がそうなる
原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。

適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置
していたのかも? 心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと。

私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。

「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて
言わないでほしいのです。

あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

そして・・・・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。






うちにも居るので
いろいろと考えました。

とは言え、この様な状況を作ったのも人間。

次のミルプロで、何かするかな。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


trackback:--  |  comment:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。